PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

娘1*4

一人目でありながら留守番するのが多かった長女。
もちろん、全く一人で留守番ではなくおばあちゃんと三女も居たけれど。
その頃、習い事の多かった二女に付き添い、土日も家を空けたりしていた。
1度家に戻るには遠く(車じゃなかったし)余計時間が長くなってしまっていた。

長女にすれば
妹ばっかり
と思ってたんだろう。


運動嫌いな長女は習い事も少なく
友達ともほとんど遊んだりしなかった。


中2になった頃、少しずつ学校を休み出した。
その頃三女は幼稚園、私はパートに出ていたので
ほとんど一人で家に居たことになる。
おばあちゃんが時々見にきてくれてはいたけれど。

そうこうしているうちに私の体調が悪くなってしまって
約1ヶ月入院することになってしまった。

私が全く家に居ないとなれば
元々行きたくなかった学校に行くはずもなく。


また担任もいまいちだった。


ある時、
お子さんがこうなったのはお母さんのせいです。
でもお母さんがこうなったのはお母さんのお母さんのせいですから^^



は?
にこやかに私にそう話す担任に私は目を丸くした。


娘が登校拒否になったのは私のせいで
でもその私を育てたのは私の親のせいだからだと?

なんだ?この人・・・
私の親どころかその先の先祖まで延々さかのぼって話すのだ。


娘は学校に行きたくない1番の理由が先生が嫌だからと言っていた。
私は最初、先生の悪口を一緒になっていうと悪効果かと思い
先生もいいところはあるから・・くらいにしか言ってなかったと思う。

この発言までは・・。


その頃は私は自分を責めてた。
私のせいで娘はこんな風になっちゃったんだと。
担任は楽な気持ちになるように発言したことかもしれないけど
私には傷口に塩を塗りこまれた気分だった。
それプラス、バカにしてる発言としか取れなかった。


これ以外にも最初休みがちになった頃、無断で休んでも電話かけてくることもなかった。
続けて休んでも先生から電話がなかったから
無断だったらどうなるんだろうと試してみた結果、2~3日無断でも何の連絡もなかった。


学校との繋がりが全くなくなってしまうのも不安だった私は
プリント類は欲しいと頼んだ。
私が取りに行けばよかったのだけど頼んだ頃体調もまだいまいちなのもあって
一週間に1回でもいいから私の手元に届くようお願いをしてみた。

でも先生が持ってきたのはたったの1回。
それも、ポストに入れただけ。
普通、様子見にピンポンするだろ・・と思ったのだけど甘かったのだろうか。

聞いたら、

顔を合わせば刺激するかもしれないので
敢えてやめました。

子供に会わなくても私に直接様子聞けよ・・


その後、取りに来て下さいもなく
友達に預けるわけもなく
学校との連絡が全くない状態になってしまった。



娘が頑張って1度遠足に参加した時のこと。
その時も、頑張ってきてくれてえらかったとか嬉しかったとか一切なく

ムスっとしてましたとか
まだ来るには早かったんじゃないですかとか

そんな感じの言葉が帰ってきた。
まるで行ったのが迷惑だったように。

他にもこういうことがあったのもあり
この先生人間として最低だと思った私は娘にも嫌なら学校に行かなくていいと伝えた。
担任は人間としておかしいとも。
娘が間違ってるんじゃないよ・・と。



中学になれば先生なんてこんなものなのか?と思ったけれど
私が受けてたカウンセリングのおっちゃんにも
それはおかしいから言った方がいいよと言われ
他の先生にもこの旨を伝えた(他の先生は謝ってたけど・・
その後は担任を通してではなく、学年主任の先生を通して話を進めることになった。
担任本人もそうして下さいと言ったのだから。



後に、この先生の近所に住んでる人から
あそこの夫婦は変わり者で有名だよと教えてもらった。
夫婦で先生やってるらしいが・・。
正直、先生という職業を辞めればいいのにと思う・・。




学校にくるカウンセリングの先生の教室には行ったり、
2年の三学期は毎日じゃないけど保健室登校もしていた。

それまでも期末テスト等は学校に行って受けていたし
週2回塾にも友達と通っていた。

今思えばホントに先生が嫌だったんだろうなと思う。
もちろんそれだけが理由ではないだろうし
親のこと、姉妹のこと、友達のこと、自分の身体のこと
いろんなことが重なって前向きにはなれなかったんだろう。


いろんなことが怖くて、誰も信用出来なかったんだと思う。










やっぱり寂しいのでコメント欄つけました。
気が向けばコメントよろしくです(*´σー`)エヘヘ





↓ポチして頂けると嬉しいです(ノ∀`*)ノ


にほんブログ村 子育てブログへ




| 子供 | 12:24 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

この先生・・・ひどいよね。
うちの長男の小学校の先生は逆の意味で
(熱心すぎて思い込みで突っ走るので)ひどかったけど。

たぶん、娘さんは心に淋しさだったり、何かを抱えてて
その中でこんな先生ではもう頑張れなくなっちゃったんだよね。

のんさんもきつかったね。
頑張ったね。

| 海のいるか | 2009/04/25 09:40 | URI |

ウチの長男が不登校だった頃の担任もこんな先生でした。
「私は大学で小児心理学を学んだので、子供の心を読む専門家なんです」とか自分の自慢ばかりしてるヘンな先生でしたよ。

私は個人的には「教師」という職業の人たちが好きではないんですよねぇ
波長が合わないというか・・人種が違うというか・・
教師の中で「この人素敵な人だなぁ」と思える人に会ったことがないんですよ

娘さんものんさんもよく耐えましたね
子供は担任を選べませんから、こういう先生だと本当に子供が気の毒です
お母さんが「学校行かなくてもいいよ」と言ってくれたことは、娘さんにとってすごく嬉しかったと思いますよ

| そよかぜ | 2009/04/26 21:35 | URI |

モンペアと呼ばれる人も居ればこういうキワモノ教師も居る。
ずいぶん殺伐とした時代にになったもんだと独身のオサンは思うのです。
もちろんちゃんとした所の方が圧倒的に多いのだろうけどね。

| 鉄斎 | 2009/04/27 00:37 | URI | ≫ EDIT

いるかさんへ

うん。はっきり言ってヒドイ。
思い込みも確かに困るけど、放置よりマシな気も(;´-`)

ありがとう^^
今思えば私も心も身体も余裕がなくていっぱいいっぱいで。
娘は姉妹の中でも1番寂しがりやだし
でも、妹弟いるしで甘え方も下手なんだと思います。

いつか娘と笑い話に出来ればいいけど、さすがにまだまだ無理かなぁ~

いるかさんも頑張ってて、えらい^^

| のん | 2009/05/02 14:35 | URI | ≫ EDIT

そよかぜさんへ

自分の自信ほど怖いものってないですよね。
人に物を教える立場の人に多い気もします。
全てではないでしょうけど。

その自信がどれだけ見過ごすことが多いかわかってませんもんね。

問題が起こったときにどう対処してくれるのか。
娘は親から見ても昔から教師運がないように思います(;´Д`)

嬉しかったと思ってくれたらいいですね。
ありがとうございます^^

| のん | 2009/05/02 14:40 | URI | ≫ EDIT

てっちゃんへ

ホント殺伐な時代だべ。
親が親なら先生も先生。
なんか狂ってる感じがする(*´Д`)

長年子育てしてると移り変わりに驚いちゃうこともあるよ~

| のん | 2009/05/02 14:42 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://pocketnonakani.blog44.fc2.com/tb.php/168-d84fd76b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。